【2ndステップ!】歯の汚れが落ちない!取りたい場合の対策3つ!

【2ndステップ!】歯の汚れが落ちない!取りたい場合の対策3つ!

 

■全体的な黄ばみ汚れ
■茶渋などの部分的な色素沈着
■歯の表面じゃなく内側の変色

 

などなど、いろんな原因がありますが、あなたはどの黄ばみに当てはまりますか?

 

まずは【1stステップ!】歯の黄ばみの原因を知ることが白い歯への近道!を見てチェックしましょう!

 

それがわかったら、次に具体的にどう対策していくかをくわしく掘り下げていきます!

 

@.歯磨き粉を変えてみる

・歯の表面が黄ばんでいる方(食べ物や飲み物、たばこのヤニ汚れなど)
・歯の一部などに茶色い色素の茶渋”が付いている方

 

でしたら、基本的にホワイトニング歯磨き粉(ジェル)で対策するのがベスト!

 

わざわざ歯医者でホワイトニングするのと比べると

 

・歯医者へ通う手間なし
・自宅で簡単にいつでもできる
・金額も大幅に抑えられる

 

とメリットが多いです!

 

一般的なホワイトニング歯磨き粉だと研磨剤を使って汚れを取っていく感じになります。

 

研磨して汚れを取るってことは、あなた自身のブラッシングテクニックで左右される部分があり、また、歯が削れるリスクがあります。

 

でも、最近のホワイトニング歯磨き剤には

 

■歯を修復・コーティングする
■歯の汚れを浮かして剥がして落とす成分
■黄ばみが再びつかないように防ぐ
■虫歯や歯周病もトータルケアできる

 

という特徴を持った歯磨き粉があります。

 

わたしの体験談も交えてどんなものか書いてるので、良かったら参考にしてください。

 

【ちゅらトゥースホワイトニング】

【ブラニカ】

【オーラパール】

研磨剤なしの歯磨きジェル

 

>>体験談・口コミ効果

Wホワイトニング成分入り

 

>>体験談・口コミ効果

ホワイトニング・虫歯や口臭対策

 

>>体験談・口コミ効果

 

ちなみに、茶渋は歯医者で落とせますが1回3,000円前後とけっこうかかります…

 

また、茶渋は人によって歯にすぐ着色するから何度も通わないといけなくなる可能性もあります。

 

A.歯の汚れを作ってしまう原因を止める

・歯を必要以上に強く磨いている(歯を削っている)場合
・口呼吸されている場合
・歯垢による歯の根元部分の黄ばみ汚れ

 

など、原因を止めさえすれば防げる黄ばみもあります。

 

■歯が傷つくとすき間から汚れが入りやすくなるから、ガムなどで唾液量を増やして再石灰を促す
■歯ブラシを柔らかいのに変えて、1本1本歯を磨くよう小刻みに磨く(スクラビング法、バス法を駆使)
■歯の修復を促すホワイトニング歯磨き粉(オーラパールがオススメ)を使う
■鼻呼吸をできる限り意識する(鼻が詰まるなら、鼻孔拡張テープ『ブリーズライト』や、ズルズルな悩みに使える漢方茶などを試す)

 

B.歯医者で一度クリーニング or ホワイトニングしてもらう

・遺伝(歯の内側の象牙質が黄色い)
・歯垢や歯石
・子ども用の風邪薬用のシロップ(テトラサイクリン系の抗生物質)を飲んだことがある場合

 

などの黄ばみは、いままで書いた対策じゃ効果は見込めません!

 

歯垢や歯石は歯医者でのクリーニングですぐに落とせるので、近場の歯科医などで予約してすぐに解決できると思います。

 

また、遺伝や薬の影響で歯の内側の象牙質が黄色い場合は、歯科医院、デンタルクリニックなど歯科医の方に

 

・ホームホワイトニング(自宅でのホワイトニング)
・オフィスホワイトニング(歯科医院などに通ってホワイトニング)

 

のどちらかを行ってもらうことをおすすめします!

 

>>1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

 

あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?

 

日本人はもともと歯が黄色っぽいのもあるので、芸能人並みの純白な歯を目指しているのならホームホワイトニングかオフィスホワイトニングしたほうが良いかと思います。

 

逆に、友達と比べるとかなり黄色い…というぐらい黄ばんでいる場合なら、一度ホワイトニング歯磨き剤を試してみるのも良いかと思いますよ(^^*)