歯の色素沈着を除去して治す!再び沈着させない為の3つのコツ!

歯の色素沈着を除去して治す!再び沈着させない為の3つのコツ!

 

「毎回歯医者で色素沈着を取ってもらってもすぐにつく…どうすれば?」

「いくらがんばって歯磨きをしても歯の黄ばみが止まらない…!」

 

歯にくっつくガンコな色素沈着。

 

歯医者へ行けば取ってはもらえるものの、歯が汚れるたびにクリーニング行くとお金もバカにならないです。

 

とはいえ、がんばって毎日歯磨きしても色素沈着がどんどん溜まっていくのを見るとムカついてきますよね…

 

いったい、この色素沈着ってどう対策していかないといけないんでしょうか。

 

その治し方と、また色素沈着がくっつかないように防ぐための3つの条件についてお話します。

 

条件@.普段のちょっとした習慣と意識を変えていく

・唾液の分泌量
・歯の状態(キズなど)
・食べ物や飲み物の種類

 

などなど、いろんな条件が重なって色素沈着が歯に付きやすかったり付きにくかったりと個人差はあります。

 

でも、それ以上に普段からの習慣や意識を変えることで、歯の色素沈着は確実に抑えられます

 

たとえば、食べた後、飲んだ後は食べカスや飲み物の着色物が歯にくっついています。

 

放置すればもちろん歯にどんどんくっつくので、このときに

 

@.水で口をゆすいで口内環境を整える
A.歯の汚れを落とすリンゴ酸の果物を摂る(りんご、イチゴ、オレンジ、パイナップル)
B.ガムを噛んで唾液を出して歯を守る(できれば歯を磨くと◎!)

 

といった3ステップを踏むだけでもだいぶ違います!

 

まずはこれ以上の悪化を防ぐことが大切です。

 

条件A.歯磨きの正しい方法とタイミングを考える

正しい歯磨きは、歯に色素沈着をつけないのに最低限必要なことです!

 

ここがきちんとできていないと汚れはどんどん溜まっていくので注意しましょう。

 

歯を磨くときは細かく、歯ブラシをしならせるイメージで磨くのがポイントです。

 

大振りせずに歯の1本1本を磨くように細かく動かします

 

正しい歯磨き方法

 

それと、歯を磨くタイミングですが、飲食後すぐがベストです。

 

時間が経てば経つほど色素沈着は、まるで衣服についたカレーのシミのように取れなくなります。

 

条件B.歯の色素沈着を落とす方法を実践する

@とAを実践しても、残念ながらもともと歯についている色素沈着はほとんど落とせません。

 

落とすためには、まずは以下のことを試してみてください。

 

重曹で口をゆすぐ

カップ(200mlでOK)に水を入れて、そこに食用の重曹を小さじ1杯ほど入れて、それで口をゆすぐだけです。
あまり濃度が高いと粘膜に良くないので、最初は重曹を少な目にすることをおすすめします。

 

重曹には、歯の汚れを落とすだけじゃなく、虫歯を防ぐ効果も期待できます!

 

塩で歯磨きをする

塩は、色素沈着の成分(茶渋など)と結びつく性質があります。

 

研磨で色素沈着を落とすわけじゃなく、塩に歯の汚れを吸わせて落とすので、やさしく汚れ除去をすることが可能です!

 

ちなみに、塩は天然塩と呼ばれるミネラル豊富なものを使うのがベターです。
水に溶かして粒感を無くしてから磨くようにしましょう。

 

それでも歯の色素沈着が落とせない場合は…?

上の条件3つをすべて満たしてもまるで効果が得られない場合は、ホワイトニング歯磨き剤をオススメします!

 

一般の歯磨き粉よりは高いですが、研磨して歯の汚れを落とすわけじゃなく

 

■汚れを溶かして落とす
■歯をコーティングして白くする(色素沈着が付くのを防ぐ)
■歯を修復(再石灰)する
■口臭の原因になるタバコのヤニやコーヒー、紅茶汚れにも有効

 

と、歯にやさしく白くできる歯磨き剤なので、最後の手段として考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

頑固な黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉&ジェル

【ちゅらトゥースホワイトニング】

【ブラニカ】

【オーラパール】

研磨剤なしの歯磨きジェル

 

>>体験談・口コミ効果

Wホワイトニング成分入り

 

>>体験談・口コミ効果

ホワイトニング・虫歯や口臭対策

 

>>体験談・口コミ効果