ホワイトニング歯磨き粉/ジェルは危険なものが多い?

ホワイトニング歯磨き粉/ジェルは危険なものが多い?

 

歯みがき粉でよく危険視されているのが

 

■ラウリル硫酸ナトリウム
石油系の合成界面活性剤で強い刺激性があるといわれている
■プロピレングリコール
発がん性が疑われている保湿剤
■サッカリンナトリウム
人工甘味料で砂糖の500倍。日本では制限付きでの使用が認められている
■水酸化ナトリウム
アルツハイマーや味覚障害なる可能性がある
■フッ素
虫歯や歯周病対策に効果が高い反面、発がん性が疑われている
■リン酸水素カルシウム
研磨剤でエナメル質を傷つけるといわれている

 

こういったものですね。
世に出回っている一般的な値段の安い歯磨き粉には、上の成分のどれかしらが含まれています。

 

このすべてがホントウかウソかはハッキリしませんが…含まれていないに越したことは無いですよね。

 

これらの成分は、ホワイトニング歯磨き粉には含まれているんでしょうか…?

 

結論から言えば、最近の国内産ホワイトニング歯磨き粉は安全性が高くなっているので、これらの成分は含まれていないです!

 

とくに、わたしが体験したホワイトニング歯磨き粉(通販)は値段がそれなりかかるだけあって、危険性の高い成分は使われていないので安心してください。

 

頑固な黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉・ジェル

【ちゅらトゥースホワイトニング】

【ブラニカ】

【オーラパール】

研磨剤なしの歯磨きジェル

 

>>体験談・口コミ効果

Wホワイトニング成分入り

 

>>体験談・口コミ効果

ホワイトニング・虫歯や口臭対策

 

>>体験談・口コミ効果